2007年07月29日

un p'tit ...?

kuro02.jpg kuro01.jpg

これなーんだっ。
小さなギャラリーがひしめくポン・デ・ザール近くの路地のあちこちで、
壁にこんなペイントを見つけました。

最初はいたずら描き?とも思ったんだけど
どうやら何かの芸術作品の跡みたい。
若手アーティストの合同作品展が
この界隈の複数のギャラリーで一斉に開催されたようです。
(見かけたポスターから私が推測したかぎりでは。)

posted by Tamama at 07:37| Comment(4) | TrackBack(0) | Agenda / 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

chien et paris

inu02.jpg inu01.jpg

パリの街中には犬がいっぱい。
あっちにわんこ。
こっちにわんこ。
パリの"パリらしさ"は彼らが演出しているのかも。


タグ:chien
posted by Tamama at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Agenda / 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAGRITTE

heya05.jpg

青りんごを置いてみたら
なんだかマグリットっぽい絵になりました(笑

ベルギーにはマグリット美術館があるらしい。
行ってみたいな。
タグ:paris
posted by Tamama at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Agenda / 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

vacance a Paris

7月11日から10日間、パリとニースに行ってきました。
短い滞在でしたが(本当、短すぎる!)、夏のフランスを満喫しました。

とゆーわけで、いくつかのスナップと一緒に
夏のパリ&ニースの様子をお届けします。

heya01.jpg heya00.jpg

まずは定番「ホテルの部屋からの眺め」。
パリに行くと泊まるホテルは大抵セーヌ川左岸の6区か7区あたりのホテルに泊まります。
上品で、でも賑やかで、とても芸術的な雰囲気のある地域(だと思う)。
部屋からはエッフェル塔がよく見えました。

posted by Tamama at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Agenda / 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

Fondant au chocolat de ma maman

fondantchocolatdemaman.jpg

私のお母さんのレシピのフォンダン・ショコラ! 
www.chocoholic.free.fr

材料
ブラックチョコレート 250g
バター        250g
グラニュー糖     250g
エスプレッソなど濃いコーヒー 大さじ4
卵          4個
薄力粉        すりきり大さじ1
砕いたプラリネ
準備 30分 調理 約1時間10分 寝かせる 2,3日

小さく刻んだチョコレート、コーヒー、砂糖を鍋に入れる。
弱火にかけ滑らかになるまで、へらなどでかき混ぜる。
火から下ろして、粗熱が取る。小さく切ったバターを少しずつ加え混ぜ、泡立てた卵、薄力粉を加える。
直径24cmのマンケ型にバターを塗り、バターを塗ったアルミホイルを、型より高めに敷く。
オーブンで45分湯せん焼きにする。
*ケーキが濡れないように注意すること。
湯せんから外し、130度のオーブンで20分焼く。
*表面は完全に焼けないけれど、それが普通。
型に入れたまま涼しいところで2〜3日冷やす。
型から外し、砕いたプラリネを飾る。
8〜10人分以上

アドバイス;長方形のアルミの型(使い捨ての)を使うこと。ケーキは溶けやすく、四角いほうがサービスしやすいです。小さいカットにして(チョコホリックの人だとしても、かなり濃いチョコレートケーキです!)バニラアイスを添えて、どうぞ。
このレシピは私の母からの提供です(これまでの、そしてこれからの全てのフォンダン・ショコラに感謝!)。

Recette du Fondant au chocolat de ma maman !
www.chocoholic.free.fr

Ingrédients
250 g de chocolat noir
250 g de beurre
250 g de sucre semoule
4 cuil. à soupe de café fort
4 oeufs
1 cuil. à soupe rase de farine
grains de praliné
Préparation : 30 mn - Cuisson : 1 h 10 env.-
Repos : 2 ou 3 jours

Mettre le chocolat coupé en petits morceaux dans une casserole avec le café et le sucre.
Faire fondre à feu doux en remuant à la spatule jusqu'à ce que le mélange soit lisse.
Retirer la casserole du feu et laisser perdre la grosse chaleur. Incorporer petit à petit le beurre coupé en morceaux, puis les oeufs battus en omelette
et la farine.
Beurrer un moule à manqué de 24 cm de diamètre, garni d'une feuille d'aluminium beurrée, dépassant largement du moule.
Faire cuire sur le feu au bain marie pendant 45 mn.
Bien prendre soin que le Bain Marie ne mouille pas le gateau.
Sortir du Bain-Marie et mettre au four à 130°C (Th.3/4) pendant 20 mn.
Le dessus ne sera pas totalement pris en fin de cuisson : c'est normal.
Laisser refroidir le fondant 2 ou 3 jours au frais dans son moule.
Démouler et décorer de grains de praliné Pour 8/10 personnes... et plus !
.
Conseils : Utilisez plutot un moule rectangulaire en aluminium (jetable).
Le fondant se démoule plus facilement, et il est plus aisé de servir des parts carrées.
Servir de petites parts (même pour les chocoholics, c'est fort en chocolat !),
accompagné d'une boule de glace à la vanille.

Recette proposée par ma maman (merci pour tous les
fondants passés et à venir !)

投稿者 : Marianne[ コメントを送る ] [ profil ] / 翻訳:macarons


posted by Tamama at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Cuisine / 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ARMAN

arman.jpg

ARMAN(フランス人アーティスト)アルマン
誕生日:1928年11月17日(ニース)
逝去日:2005年10月22日 (ニューヨーク)
職業:画家、彫刻家、造形美術家
芸術のスタイル:集積した作品、記念碑的な作品、廃棄物を再利用した作品
活動:ヌーヴォー・レアリスム
有名な作品:"Long Term Parking, "Les Poubelles", "Les Coleres"
ミニ情報:彼はニースの装飾芸術学校で学び、その後エコール・ド・ルーブルへ。初個展は1956年。彼はとりわけ消費社会の物の境遇に疑問を抱いている。
【macaron情報】
ヌーヴォーー・レアリスムとはフランスで始まった芸術活動で廃棄物などを利用した芸術活動のこと
彼の作品はこちらからhttp://www.armanstudio.com/home.html

ARMAN (artiste français)
Date de naissance : 17 novembre 1928 (Nice)
Date de décès : 22 octobre 2005 (New-York)
Profession(s) : peintre, sculpteur et plasticien
Style : accumulations, œuvres monumentales, récupération
Mouvement : Nouveaux Réalistes
Oeuvres célèbres : « Long Term Parking », « Les poubelles », « Les Colères »
Petit Plus : Il a étudié à l’Ecole des Arts Décoratifs de Nice, puis à l’Ecole du Louvre. Ces premières œuvres datent de 1956. Il s’est interrogé sur le statut de l’objet particulièrement dans la société de consommation.

投稿者 : Elise [ コメントを送る ] [ profil ] / 翻訳:macarons
タグ:ARMAN
posted by Tamama at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | Divers / その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STRASBOURG

Strasbourg-photo-36.jpg cathdrale de strasbourg.jpg

ストラスブールに住む Elise さんが自分の街を紹介してくれました。

ストラスブール
ストラスブールは人口25万人以上のアルザス地方の首府です。文化的な都市(数々の由緒ある芸術的な美術館や劇場、映画館、図書館)であり、歴史が詰まっています。街には多くの高等教育機関と3つの大学(例:マルク・ブロック大学にある日本(文学)学部)があり、また交通機関では空港、川港、駅などがあります。この都市の一番の自慢はカテドラル(大聖堂)で、フランスにある唯一の尖塔が一つしかない大聖堂です。
この町にはまた欧州議会、EU本部があり、ドイツに直接に結びついています。
私はストラスブールから約45KMの所に住んでいます。アルザス地方の文化を受けたすばらしい町です。買い物やお出かけに最適です。
詳しい詳細は:ストラスブールのホームページ(フランス語)
【なおぽノート】
ストラスブールのノエル市は有名です。ぜひ私も行ってみたいものです。また最近パリからのTGVが開通しました。

STRASBOURG
Strasbourg est le chef-lieu de la région Alsace avec plus de 250 000 habitants. C’est une ville culturelle (avec ses nombreux musées historiques et artistiques, ou encore théâtre et salles de spectacles, cinémas, bibliothèques), et avec beaucoup d’Histoire. Elles possèdent un grands nombre d’Ecoles Supérieures, trois Universités (la faculté de Japonais appartient à l’Université Marc Bloch), un aéroport, des ports fluviaux, gares.... Sa plus grande fierté est sa cathédrale (unique en France elle ne possède qu’une seule flèche).
C’est également dans cette ville que se situe le Parlement Européen, siège de l’Union Européenne, elle est aussi directement reliée à l’Allemagne.
J’habite à environ 45 km de Strasbourg, c’est une ville superbe reflétant le patrimoine culturel alsacien. Elle est idéale pour le shopping ou les sorties.
Pour en savoir plus : http://www.strasbourg.fr/accueil (site en français)

投稿者 : Elise [ コメントを送る ] [ profil ] / 翻訳:なおぽ
posted by Tamama at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | Région / 地域文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ecole

日本とは異なるフランスの学校制度。
日本人から見ると、とても複雑なように思えますが...
今年の夏にバカロレアという試験を終え高校を卒業したMortyさんが、フランスの学校制度についてまとめてくれました。

【幼児期の教育】
3才〜5才になると学校へ通い始めます:
この学校をラ・マテルネル(幼稚園)といいます。
幼稚園にはいくつかの学級があります:
-最初の学級は子供が始めて学校に通う所で、3歳児しかおらず、親に依存しないように、また社会の中で他の子供達とコミュニケーションを取れるよう教えます。
-次の学年は2年生です。4歳児で前年度の旧友を失わないように一緒にあがります。曜日、月、0〜20の数字を習います。
-最後の学年:3年生、5歳児。Cpに入学する為の準備、すなわち、小学1年生です。

【初等教育の学年】
-Cp:1年生、6歳児
-Ce1:7歳児
-Ce2:8歳児
-Cm1:9歳児
-Cm2:初等教育の最終年。10歳児。6回生になる為の準備、すなわち中等教育の1年生になる為の準備をします。

【中等教育の学年】
-6回生:中等教育1年生。11歳
-5回生:中等教育2年生。12歳。思春期初め。
-4回生:思春期。13歳児
-3回生:中等教育最後の学年。年度末にBrevetという資格試験を受けなければなりません。14歳児。この年になるとこのまま学業を続けていくかどうか話し合う事ができます。

【リセ編】
高等学校
第二学年:リセ1年生。準備の年。年末に自分の選んだ課程が気に入らない場合変更することができる。15歳になり自立するようになります。大抵リセは大きな町にあるので、実際には皆スクールバスを利用します。

-第一学年:16歳。軍に1日入隊しなければなりません。18歳になると選挙権、フランス市民になります。(成年になる年です)
-最終学年:リセ最終学年。17歳。このまま勉強を続ける為、大学に進むか、Beaux Arts(芸術学校)のような専門的な学校に進むか選ぶことができます。

【なおぽノート】
リセ最終学年にはBAC:バカロレア:学校卒業資格の試験があります。この資格がないと大学へ進学できません。

Les enfants de 3 à 5 ans vont à l’école, on appelle cette école : la maternelle
A la maternelle il y a plusieurs sections :
- la première section est celle où l’enfant va pour la première fois à l’école, il n’a que 3 ans et on lui apprend à moins dépendre de ses parents, on lui apprend aussi en vivre en société et à communiquer avec les autres enfants.
-la seconde section est la deuxième année où l’enfant va à l’école, il a 4 ans et retrouve souvent ses amis de l’année dernière se qui fait qu’il ne perd pas ses repaires.

On lui aprend maintenant les jours de la semaine,les mois de l’année, les chiffres de 0 à 20 .
- la dernière section : c’est la dernière année, l’enfant à 5 ans et on le prépare à entrer en Cp c'est-à-dire la première année de Primaire.

Les sections du Primaire :
Le Cp : première année de primaire de l’enfant, il a 6 ans
Le Ce1 : l’enfant a 7 ans
Le Ce2 : l’enfant a 8 ans
Le Cm1 : L’enfant a 9 ans
Le Cm2 : la dernière année de primaire,l’enfant a 10 ans et on le prépare à entrer en 6ème cet a dire la première année de collége.

Les sections du collège :
La 6ème : première année de collège pour l’enfant, il a 11 ans
La 5ème : seconde année de collège pour l’enfant, il a 12 ans et c’est maintenant un jeune adolescent.
La 4ème : l’adolescent a 13 ans
La 3ème : c’est la dernière année de collège pour l’enfant, à la fin de l’année il doit passer le Brevet qui est un diplôme. L’adolescent à 14 ans et peut demander un contrat d’apprentissage avec un patron ou continuer ses études.

Les sections du lycée :
La seconde : première année de lycée pour l’adolescent, c’est une année de préparation, à la fin de l’année on peut changer de choix si celui que l’on a pris ne nous plais pas. L’adolescent a alors 15 ans et devient plus autonome car les lycées se trouvent dans les grandes villes et pratiquement tout le monde doit prendre le bus scolaire.

La 1ère : L’adolescent a 16 ans et il doit aller à la journée militaire pour s’informer et pouvoir voter et devenir citoyen français à ses 18 ans ( l’age où l’on devient majeur )

La terminale : Dernière année de lycée. L’adolescent a 17 ans et il peut choisir d’aller à l’université pour poursuivre ses études ou aller dans des écoles spéciales comme les Beaux Arts.

Morty

投稿者:Morty / 翻訳:なおぽ
posted by Tamama at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Ecole / 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

La Tour Eiffel

Henri-Silberman-La-Tour-Eiffel--Paris-152330.jpg

エッフェル塔
1889年の(パリ)万国博覧会にギュスターヴ・エッフェルによって建設。高さ約300M。
エッフェル塔はフランスとパリのシンボルとなっています。フランスでもっとも多く訪れる場所の3つに入り、多くの観光客やフランス人も訪れますが、パリジャンはあまり来ません。この塔は初め取り壊すはずで、多くの人はこの塔を嫌っていましたが、時間の流れと共に受け入れるようになり、今では誰一人としてエッフェル塔のないフランスを想像することはできません。
また、東京タワーはエッフェル塔によく似ています。
【なおぽノート】
夜1時間おきに10分間ライトアップされます。

La Tour Eiffel
Construite par Gustave Eiffel en 1889 pendant l’Exposition universel, Haute de 300 m.
Elle est le symbole de la France et de Paris. Troisième site le plus visité de France, beaucoup de touriste et de français y montent, mais les parisiens pas souvent. La tour devait être détruite au départ, et beaucoup de gens la trouvait horrible, avec le temps les gens on commencer a l’apprécier et aujourd’hui plus personne n’imaginerai la France sans elle.
La Tour de Tokyo ressemble beaucoup à la Tout Eiffel.

投稿者 : Samuel SILVER[ コメントを送る ] / 翻訳:なおぽ
posted by Tamama at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Région / 地域文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Le Cantal

110607 BALLADE A SALERS (22).JPG120607 BALLADE AU PUY CHAVAROCHE (1).JPG

130607 BALLADE EN COREZE (11).JPG150607 BALLADE AU ROC DES OMBRES (19).JPG

カンタルはオーヴェルニュ地域圏の県ですが、ヨーロッパ2500KM2でもっとも大きい火山(約3万年前に静まりましたが)があり、景色はとても美しく、人々はとても親切です。
カンタル地方は田舎で、要するに、特に牧畜に向いています。5726KM2のこの地方はあまり人が住んでおらず、15万人足らずで、1KM2あたり26人しかおりません。この地方はすべて火山石で作られたお城や建築物同様(カンタル)チーズ・りんどうのリキュールでもとても有名です。
自然が好きな人にとっていろいろと発見できる地方でしょう。

Le Cantal est un département mais aussi le plus grand volcan d'europe 2500 km2,il s'est éteind il y à 30000 ans environ, les paysages sont magnifiques et les gens très gentils.
Le Cantal est très rural c'est à dire surtout orienté vers l'élevage de bovins.Ce département de 5 726 km2 reste très peu peuplé 150000 habitants soit 26 habitants au km2. Ce departement est très célèbre pour son fromage,son alcool de gentianne ainsi que pour ses châteaux et l'architecture de ses maisons toutes fabriquées en pierres de volcans.
Un département à découvrir pour ceux qui aime la nature.

投稿者 : Laurent [ コメントを送る ] / 翻訳:なおぽ
posted by Tamama at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Région / 地域文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。