2007年09月06日

BORDEAUX

Bordeaux.jpg

私の町:ボルドー

ボルドーはアキテーヌ地方の中心都市です。
ボルドーはその特別な歴史遺産で特徴づけられています。
18世紀から受け継がれる過去の偉大な事物で有名です知的なもの、文化的なものや政治的なもの、そして勿論ボルドーと呼ばれるワイン...
町の一地域、リューニュの港(写真)は2007年の6月からユネスコの世界遺産に認定されました。町はガローヌ河で二つに分けられます。
もしあなたがフランスの南西部にくるなら、絶対に訪れるべきです。

Bordeaux est le chef-lieu de la région Aquitaine .
Bordeaux se caractérise par son exceptionnel patrimoine hérité du 18e siècle, par de grandes figures du passé qui ont fait sa renommée intellectuelle, culturelle ou politique, et naturellement par le vin qui porte son nom. Une partie de la ville, le port de la Lune est classée depuis juin 2007 au Patrimoine Mondial de l'Humanité par l'UNESCO. La ville est séparée en deux rives par le fleuve la GARONNE.
C'est une ville qu'il faut absolument visiter si vous êtes de passage dans le sud-ouest de la France.

投稿者 : meijin33[ コメントを送る ] [ profil ] / 翻訳:M.T.
ラベル:Bordeaux
posted by Tamama at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Région / 地域文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Les sorties a la francaise

フランス人における外出について

気晴らしの方において若者は色々知っています。
昼間
-友達とショッピング
-スポーツ(サーフィン、サッカー、自転車、スケート、僕はローラーブレード^^)
-テレビを見る(怠け者の人)
-もしくはPCでゲーム


-町を散歩
-友達とバーで飲み
-映画
-友達の家でパーティー

一般的にはフランス人はパーティーが好きで、グループの中に参加するのは簡単です。
フランスでは道端で話しかけられたり、話し込んだりすることが日常茶飯事。そうすることで、僕らは世の中のことをすばやく知ることができます。でも、もしあなたが普通とちょっと違ったファッションをしていたら(ゴシックとか…)注目を浴びることになるでしょう。


Les sorties a la francaise

Plusieurs possibilites s'offre au jeune francais en therme de divertissement:

LA JOURNEE
- le shopping entre amis
-du sport (surf, foot ball, velo, skate, et pour moi ce sera le roller ^^)
-regarde la tele pour les plus faineant
-ou les jeux sur ordinateur

LE SOIR
-ballade en ville
-soiree entre amis dans les bars
-cinema
-soiree prive chez un ami

En general les francais aime faire la fete et il ne sera pas dur de s'integre dans un groupe.
En France ce faire accoster dans la rue c'est frequent, on peut rapidement faire connaissance avec du monde. Mais si vous avez un style different des autres (gothique, ....) les regards se porteront sur vous.

投稿者 : Sylvain[ コメントを送る ] [ profil ] / 翻訳:なおぽ
posted by Tamama at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Société et Vie / 社会と生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dunkerque

dunkerque illustration.JPG

私の街:ダンケルク

「人々が英語を話し続けるかぎり、ダンケルクの名は多大な敬意をもって発音される。」
byウィンストン・チャーチル。

フランス北部ノール県の一都市であるダンケルクはベルギーからほんの数キロの所に位置する港湾都市で約21万人の人々が暮らしている。フランスにおける第三の港町であり、昔からヨーロッパと世界を結ぶ重要な都市であった。
17世紀には海賊達が活躍した歴史のある都市で、私掠船(戦争の際国から許可を得て敵国を襲った海賊船のこと)船長ジャン・バールもその一人。また鱈漁が盛んな漁港でもある。ダンケルクには海に関する多くの伝承がある。
人口の三分の一が25歳以下というフランスでも人口の平均年齢が最も若い都市である。そのためフランス国内のなかでも、バスケット、バレー、ハンドボールなど多くの優秀なスポーツチームがある都市でもある。また加えて、第二次世界大戦の際に街の70%以上が破壊されたにも関わらず、ダンケルには文化的な町並みが残っており、なかでもいくつかの建物はユネスコの世界遺産に登録されている。

Ma ville :Dunkerque
Aussi longtemps que l'on parlera Anglais, le nom de Dunkerque sera prononcé avec le plus grand respect. Winston Churchill

Sous prefecture du département du nord, Dunkerque est une agglomération balnéaire de 210 000 habitants située à seulement quelques kilomètres de la Belgique.Troisième port français, Dunkerque est avant tout une ville ouverte depuis toujours sur l'europe et le monde.
Ancienne ville de corsaires sévissants en mer du nord au XVIIeme siècle comme Jean Bart, puis grand port de pêche à la Morue d'Islande, Dunkerque à une grande tradition maritime.
Avec un tiers de sa population de moins de 25 ans, Dunkerque est la ville dont la population est la plus jeune de France, en faisant aussi la ville la plus sportive de france avec des équipes de haut niveau en Basket, volley, handball...De plus, malgrès sa destruction a plus de 70 % lors de la seconde guerre mondiale, Dunkerque reste une ville culturelle dont plusieurs de ses monuments sont classés à l'unesco.

David.
投稿者 : David[ コメントを送る ] [ profil ]
posted by Tamama at 10:31| Comment(2) | TrackBack(0) | Région / 地域文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

EMILE & IMAGES

emile&images.jpg

EMILE & IMAGES

グループ結成:1999年
ジャンル:ヴァリエテ・フランセーズ
私のお気に入りの曲:"Les démons de Minuit", "Corps à corps", "Maîtresse", "Jusqu’au bout de la nuit"
関連リンク:
http://www.emileetimages.fr/
http://toujoursfan.free.fr/
http://emileetimagesfr.free.fr/

ちょっと解説:
このバンドはImageというバンドとGoldというバンドのボーカルEmile Wandelmer が一緒になってできたバンドです。どちらも80年代の有名なバンドです。上に上げた数曲はImagesとEmile et Imagesの楽曲です。
バンドのメンバーは全部で6人。ボーカルはEmileとJean-Louis (ドラム兼ボーカル)とMario(ピアノ、ギター、ボーカル)。そしてAlex(ギター)、Roger(ベース)Lindsay(ピアノ)。
最新シングル「Melusine(メリュジーヌ:ケルト民族の伝説に登場する仙女のこと)」は2003年に、そして彼らの最新アルバム「 Emile&Images」は2006年にリリースされています。

EMILE & IMAGES
Date de création du groupe : 1999
Style : variété française
Mes chansons préférées : « Les démons de Minuit », « Corps à corps », « Maîtresse », « Jusqu’au bout de la nuit »
Sites clés : http://www.emileetimages.fr/
http://toujoursfan.free.fr/
http://emileetimagesfr.free.fr/

Petit plus : Ce groupe est né de la fusion entre le groupe Images et le chanteur Emile Wandelmer du groupe Gold, deux groupes connus datant des années 80. Certains singles mentionnés ci-dessus appartiennent au groupe Images et au groupe Emile et Images.
Les groupes compte six membres, le chanteur est Emile, Jean-Louis (batterie et chant), Mario (piano, guitare et chant),
Alex (guitare), Roger (basse) et Lindsay (piano).
Le dernier single date de 2003 : Melusine et leur dernier album de 2006 : Emile&Images.

投稿者 : Elise [ コメントを送る ] [ profil ]
posted by Tamama at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Musique / 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.035 / Sca


no.gif
No.035 / Sca [ E-mail ]
  • 担当 : 日記
  • 性別 : 男性( 1983年4月7日生まれ )
  • 住んでいる所 : トゥーロン(南)とアルデロ(北)(Toulon(Sud) et Hardelot(Nord)
  • 趣味:カイトサーフィン、スノーボード、ロック、ハウス、そしてもちろん日本


  • posted by Tamama at 00:00| STAFF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    No.034 / meijin33


    Guillaume.jpg
    No.034 / meijin33 [ E-mail / My Space / ]
  • 担当 : 全般
  • 性別 : 男性( 1983年11月29日生まれ )
  • 住んでいる所 : Mérignac (メリナック。ボルドーの近く。)

  • 僕の名前はguillaume(ギローム)、23歳。日本の漫画やゲーム、それに神話なんかが大好きです。 卓球(ピンポン)をやっていて、地元の競技会にも出場してる。あと囲碁にもハマってます( KGS(ネット碁の世界的サーバ)2段、ハンドルネームはinuikunです)。 日本の音楽が大好きで、特に好きなのは dream というグループの「Get Over」という曲( dream(DRM):アニメ「ヒカルの碁」の主題歌)。 僕が一番好きなグループはm.o.v.e(アニメ「頭文字D」の主題歌)です。 いつか日本に旅行してみたい。いろいろお話できる日本人の友達を探しています。
    J'habite Mérignac (pres de Bordeaux) Je me prénomme guillaume,j'ai 23 ans et j'adore le japon pour ses mangas, jeux videos et ses mythes. Je fais du tennis de table (ping pong) en compétition dans mon département et je suis un fan du jeu de go ( 2 dan kgs, pseudo inuikun). J'adore trop la musique japonaise, ma chanson favorite est get over du groupe dream et mon groupe préféré est Move. J'espère bien dans quelques années m'offrir un voyage au japon. Je recherche aussi des japonais avec qui discuter
    posted by Tamama at 00:00| STAFF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    No.033 / Dabido


    self portrait.JPG
    No.033 / Dabido [ E-mail / msn / site ]
  • 担当 : 全般
  • 性別 : 男性( 1985年4月28日生まれ )
  • 住んでいる所 : Dunkerque (ダンケルク。フランス西部カンペールの近く。)

  • 単純で開放的、そして好奇心旺盛な性格です。日本への関心は子供の頃から。 僕の記事が日本の皆さんに気に入ってもらえると嬉しいな。 どうぞ遠慮なく、僕にコメントをしてください。 趣味は写真、インターネット(msn)、旅行。いろんな人と接したりいろんな事に触れるのが好きです。
    Simple, ouvert d'esprit et curieux, je me suis interessé au Japon dès mon enfance et j'espère que nos articles vous feront prendre gout a notre pays qu'est la France. N'hésitez pas a me contacter. Mes loisirs : Photographie, internet (msn), les voyages, découvrir d'autre personne et tant d'autre choses
    posted by Tamama at 00:00| STAFF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年08月17日

    LE GROUPE PARISATORI

    m_0f293d8945eb671bfd3ccdb198d1d190.jpg

    PATRICK JOUANNEAU & RICHARD F. TABBI
    作曲家と作詞家の二人。彼らはお互いに通じ合う強い想いを音楽と言葉によって融合させるため、PARISATORIというバンドを結成しました。このバンドPARISATORIの代表作であり活動のきっかけともなった ≪ ウラヌスの婚約者 La fiancee d'Uranus ≫という楽曲は、演奏テクニックを追求するものというよりはむしろ、曲全体に織り込まれたいくつもの言葉とアンビエントなメロディーによって、彼らの作り出す独自の世界観へとトリップさせ、同時に、ジャズ、ブルース、ロックといったさまざまなジャンルで活動するミュージシャン達にも強いメッセージを投げかける作品である。そして、パリという古風な場所を背景にしながら、あえてコンピュータを駆使した作品に取り組んだということも PARISATORIの音づくりにおいて重要な役割を果たしている。
    オフィシャルサイト
    http://parisatori.blogspot.com/
    視聴



    PATRICK JOUANNEAU & RICHARD F. TABBI, respectivement musicien, et écrivain, ont voulu fusionner leur passion commune pour la musique et l’écriture en fondant le groupe PARISATORI. Projet emblématique et fondateur de PARISATORI, le disque « La fiancée d'Uranus »convie l'auditeur à un voyage à travers les mots et les notes en privilégiant les ambiances plutôt que la virtuosité, et en faisant appel à des musiciens d’horizons divers, jazz, blues, rock. L'utilisation massive de l'arme informatique est aussi pour beaucoup dans le son de PARISATORI dont le pari est de rendre les machines sentimentales.

    このバンドの作詞家 Richard Tabbi さん本人からの投稿です。
    投稿者 : Richard Tabbi [ コメントを送る ] [ profil ]
    posted by Tamama at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Musique / 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    Les Corsos Fleuris

    CORSO DRAGUIGNAN (3).jpgCORSO DRAGUIGNAN (2).jpg
    CORSO DRAGUIGNAN (6).jpgCORSO DRAGUIGNAN.jpg

    -Les Corsos Fleuris
    "Les Corsos Fleuris"とは300年の歴史をもつ、れっきとした文化遺産のひとつです。
    "corso"という言葉は、もとはイタリア語で「道」とか「公道」を意味する言葉ですが、 Le Corso Fleuri は花をつんだ荷車の行進、そして祭りの期間中に野外で繰り広げられる色とりどりの色彩のことを言います。 Corso はもとは、集団で行う祭典、外界における重要な出来事などの意味がを語源として定義されますが、これらはしばしば、春の訪れという意味でも使われます。
    このような祭典はフランス国内に幾つもあるが、最も有名なのはフランス南部アルプ・マリティーム県のニースで催される式典です。

    写真は投稿者Laurentさんの地元Draguignanという地域で行われたフェスティバルの模様(6月21日に届きました)です。


    -Les Corsos Fleuris
    Les Corsos Fleuris, un patrimoine culturel incontestable, dont certains sont connu depuis 300 ans.
    le mot corso est d'origine italienne, qui veut dire: rue, parfois promenade publique. Le Corso Fleuri c'est un défilé de chars aux fleurs et couleurs multicolores, qui se déroule dans la rue au cours de fêtes locales de plein air. Le Corso comme l'explique sa définition étymologique, est à l'origine une occasion de célébrer ensemble, en extérieur, un évènement important. Celui-ci bien souvent, coïncide avec l'arrivée du Printemps. Il en existe de nombreux en france dont le plus célèbre se déroule à Nice dans le département des alpes maritimes.

    投稿者 : Laurent [ コメントを送る ] [ profil ]
    ラベル:Les Corsos Fleuris

    la sauce bleu

    おなじくLaurentさんの撮影した風景。

    la pierre de la fe (draguignan).JPG

    一つめの写真は「la pierre de la fée」。直訳すると「妖精の石」。
    なんだかよくわかりませんが、物語の中に出てきそうな不思議な光景です。彼が住んでいるDrauignanという街にある自然のモニュメント(?)だそうです。

    la source bleu (Hauts Doubs).JPG

    二つ目は、オート・ドゥーという地域の写真。Laurentさんの住む南仏プロヴァンス地方からは遠く離れたフランス東部、スイスとの国境沿いにある地域です。登山が趣味というLaurentさんは、フランスのいろいろな地域の山の風景を送ってきてくれます。

    投稿者 : Laurent [ コメントを送る ] [ profil ]
    ラベル:Haut-Doubs
    posted by Tamama at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Galerie / ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。