2007年09月09日

Le Bouledogue Français

bouledogue-francais-big-boss.jpg

フレンチブルドッグ

短い毛でとがった耳をしている小さな番犬。
フレンチブルドッグは最初は狩りや闘犬に使われたんだ(VSイノシシ、ライオン、熊、雄牛)。彼らは実際は雄々しく勇ましい動物なのさ。将来、都市でネズミ退治に使われるかもね。

彼らは20世紀初めを通じて飼い犬になり、第二次世界大戦後には流行になった。
「ブリ」とか「ドンドン(太っちょ)」なんてあだ名がついてるんだ。
とても面白くて遊びがあるよね。

Le Bouledogue Français

Petit Molosse à poils ras et aux oreilles droites. Il servait d’abord à la chasse et au combat (contre des sangliers, des lions, des ours ou des taureaux) ce qui en fait un animale brave et courageux. Plus tard, on les utilisa pour chasser les rats dans les villes.
Il est devenue un chien de compagnie durant la 1ere partie du 20eme siècle, et après la seconde guerre mondial est revenu à la mode. On les surnomme « Boulis » ou « Dondon », ils sont très drôles et très joueurs.

http://bulldog.spirit.free.fr/

投稿者 : Samuel SILVER[ コメントを送る ] [ profil ] / 翻訳者:こけし
posted by Tamama at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | Société et Vie / 社会と生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは^ゝ^
フレンチブルドッグに狩はちょっと難しそ
うにみえますね・・・。
かわいらしい犬です!! 
なんだか、虫も殺せなそうです>▽<
ねずみ退治・・・。大丈夫でしょうか。
Posted by yuna at 2007年09月18日 17:25
こんばんわー。
フランス人って本当に犬好きですよねー。
yunaさんは何か動物飼ってますか?
私は、まえに金魚飼ってました。
(冬に死んじゃったー。泣きました。)

ねずみ、って日本だとあんまり見かけませんよね。
でも、前に秋にフランスに行ったとき
ちっさーいネズミを道とかでよく見かけました。びっくり!でも可愛かった。
本当に「レミー」(「レミーのおいしいレストラン」という映画、見ました?フランスが舞台でしたよ!)
みたいでした☆


Posted by Tamama at 2007年09月18日 21:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54597197
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。