2008年06月19日

フランスが好きですか?

みなさんこんにちは。
日本とフランスを結ぶコミュニケーション・サイト
Franponais 24h ができました。
(アドレス移転しました。コチラからどうぞ↓)
http://france24h.free.fr/

フランス好きな日本人と日本好きなフランス人が交流できる掲示板サイトです。

フランスが好きな人はもちろん、フランス語を勉強している人やフランス人のメル友を作りたい人、旅行や留学に向けて情報収集したい人にもお薦めです。
とくに、独学でフランス語を始めたけど練習方法が見つからない、フランス語の授業を受けているけど、作文が上達しない、という人は、ぜひ一度参加してみてください。

サイト内では、掲示板を使って参加者が自由に話せるようになっています。フランス人参加者の方が多いのでフランス語での会話が目立つかもしれませんが、日本語を勉強中のフランス人が沢山いるので、臆せず日本語で書きこんじゃってください。日本人参加者、大募集です!!!

掲示板は
- 自己紹介
- 語学学習のための練習掲示板
- 自由な雑談と質問の掲示板
- 双方の文化を紹介するためのレポートの投稿

となっています。

自己紹介は、どうぞ日本語で書いてください。(フランス語ができる方は、フランス語もぜひ)日本語を勉強中のフランス人が、ネイティブなフランス語に翻訳してくれます。

練習掲示板は、質問専用のゾーンと、難易度によってA,B,C段階に分かれたクラスとで構成されています。日本語とフランス語で文章を書く練習ができます。初心者の方こそ!ぜひ参加してください。
また、日本語を勉強しているフランス人も練習文を投稿します。お互いに間違いを訂正したり、質問をしたりして、楽しく、そして刺激的に勉強ができると思います。

文化レポートの投稿は、
フランスについての記事をフランス人がフランス語で投稿します。
日本についての記事は、日本人が日本語で投稿します。

日本についての記事を定期的に書いてくれる方を募集しています。
住んでいる街の紹介や季節の行事、今日食べたもの、行った場所、最近聞いた音楽や好きな映画などなど。日本のことならどんなことでもよいので、短い文章にまとめて(500〜800文字程度)掲示板の投稿フォームへ書き込んでください。写真や動画の添付もできます。
フランス語を勉強している方は、どうぞフランス語も書いてください。(分かる部分だけ、とかでもOKですよ。)フランス人の参加者が訂正や補足をしてくれます。自分の書いた日本語が、どんなフランス語になるのかわかると、とても勉強になりますよ!

記事の翻訳は、フランス語は日本人が、日本語はフランス人が翻訳します。フランス語の記事を翻訳してくれる方も随時募集中です。

掲示板形式なので、質問も気軽にできます。
フランス人の参加者のほうが人数が多いので、日本人が書きこむと、すぐに返事がかえってくるはずですよ!!

サイトには日本語を勉強しているフランス人が多数参加しています。
彼らに日本語や日本の文化を教えてくれる方を探しています!!
フランスが好きな人、フランス語を勉強している人には、ぜひ参加して欲しいと思います。

2007年11月06日

France 24h が新しくなりました

みなさんこんにちわ。
かねてより予告していたFrance24hリニューアル、
ついに準備が整いました。
(長かった!)

↓↓新サイト「Franponais24h」はコチラのアドレスから↓↓
http://france24h.free.fr/

みなさんぜひ参加してくださいね!

2007年09月17日

TAXI

taxi r.jpg

タイトル:タクシー
(上映)年度:1998年
ジャンル:コメディー
上映時間;107分
続編;タクシー2、タクシー3、タクシー4
監督:ジェラール ピレス
脚本;リュック ベッソン
主演;サミー ナセリー フレデリック ディファンタール マリオン コティヤール

ストーリー:マルセイユでピザの配達をしていたダニエルはタクシードライバーになるために仕事をやめた。ただ単に速く走っただけで、彼はドイツのギャング団の銀行襲撃事件のトラブルに巻き込まれていた警官という厄介をひろった。

私の感想;ぜーったい見るべき映画。ユーモアと綺麗な自動車の数々!

Titre: Taxi
Annee: 1998
Genre:Comique
Duree: 107 minutes
Suite : Taxi 2 - Taxi 3 - Taxi 4
Realisation: Gerard Pires
Scenario : Luc Besson
Acteurs Principaux: Samy NACERI - Frederic DIEFENTHAL - Marion Cotillard

Histoire: a Marseille Daniel quitte son job de livreur de pizza pour devenir chauffeur de taxi. Seulement il roule tellement vite qu'il a rapidement des ennuis avec la police, qui elle-même a des problèmes à cause d'un gang allemand spécialisé dans les braquages de banques.

Mon avis: Film a voir absolument, Humour et Belles voitures.

投稿者 : Mikael [ コメントを送る ] [ profil ] / 翻訳:M.T.
posted by Tamama at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema / 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

mode de vie

最近、僕の生活がちょっと変わったんだ。というのも仕事が見つかったんだよね。以前の僕の生活のリズムはバラエティー豊富とは言えなかった(単調というわけでもなかったけど)。11時〜12時に起きて、PC、食事、PC、食事、PC(PCを使っている時は別にずっとゲームをしてたとか、アニメばかり見てたわけじゃないよ。他にもやることがあったんだ)というパターンが基本だった。これからは、宅配会社のFedexで臨時の管理部職員(次の職員が見つかるまで)として、割と安定した職に就くことになる。
勤務は7:30からだから、6:15には起きなきゃいけない…職場は車で30分のところにあるんだ。
仕事の内容はどこも同じようなものだから詳しくは書かないけど、勤務時間については興味を持つ人がいるかもしれないからそれだけ書くよ:7:30-12:30と13:30-16:00で、時には13:00から始める時もある。

定時の16:00になったらだいたいはすぐに家に帰れるんだけど、この機会を利用してフランス人の一般的な運転マナーの悪さを挙げたいと思う。例えば魚の尾っぽ運転(1台の車を追い越した後、車線を変更してその車のすぐ前に入り込む)、ジグザグ運転(車線を次々と変える)、速度が遅いのに追い越し車線に留まって後ろの車の迷惑になる、ウィンカーを出さない、などなど。スピード違反ばかり取り締まられて、他の違反は残念ながら滅多に罰せられないんだよね。

ともかく、家に帰ったらその日・その時によって色んなことをしてる。PCに向かう時もあれば、友達の家に行ったり、すぐに寝ちゃったり(笑)。その日によるけど、なるべく23:00には寝るようにはしてるんだ。滅多にないけど。

"Ma vie a quelque peu changée depuis quelques temps, puisque j'ai enfin trouvé un travail. Avant, mes journées n'etaient pas très variées (mais pas monotones pour autant), levé 11h-12h, pc, manger, pc, manger, pc (attention cependant, je tiens à préciser que je ne faisais pas que jouer ou matter des animes, de loin pas, j'ai bien d'autres activités sur le pc).
Désormais, j'ai un boulot plus ou moins stable chez Fedex, société de livraison, où je suis agent administratif intérimaire (en esperant une embauche prochaine).
Donc désormais, je dois être au boulot à 7h30, donc réveil à... 6h15, et oui, avant, j'ai 30 minutes de route qui m'attendent.
Je ne vais pas décrire le boulot, c'est un boulot comme tant d'autres, juste mes horaires, si ca peut interesser quelqu'un : 7h30-12h30 ; 13h30-16h, mais des fois, je reprend à 13h.
Une fois 16h arrivé, je rentre chez moi généralement. Je tiens à profiter de cet espace pour relever la conduite abominable des francais en général, queues de poissons (doubler une voiture puis se rabattre juste devant), zigzag (entre les files), la plupart des voitures qui restent sur la voie de dépassement en dépit de leur vitesse très lente, faisant ralentir tout le monde, peu de clignotants, etc, etc. On réprimande surtout ceux qui vont vite, les autres infractions sont rarement pénalisées hélas.
Bref, une fois de retour chez moi, cela dépend des jours, des fois, je vais sur le pc, des fois, je vais chez des copains, des fois, je vais me coucher (:p), bref, ca dépend des jours, mais j'essaie au mieux de me coucher vers 23 heures, voir moins. "

投稿者 : Sha-ka[ コメントを送る ] [ profil ] / 翻訳:ヌードル
posted by Tamama at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Société et Vie / 社会と生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Stéphane SANSEVERINO

sanseverino.jpg

今日は歌手ステファン=サンセヴェリーノについての記事だよ。

ステファン=サンセヴェリーノは1961年10月9日にパリに生まれ、幼い頃から家族で世界中いたる所へ(親の転勤により)旅をしていたんだ。この機会に彼は多くの音楽スタイルを発見したんだろうね。とりわけジプシー音楽は、それが引き出すエネルギーによって、全てにおいて目立ってるね。でも実際には、旅の経験は彼をこれら全ての音楽スタイルに没頭させたんだ。1980年代から彼は多くのグループに参加し、その一方で映画や演劇で演じていたんだ。
ファーストアルバム「タンゴ・デ・ジャン」が発売されたのは2001年のことさ。この時、彼はたくさんの賞を獲得した。2005年にはご存知「ライブ・オ・テアトル・セバストポール」のCDがCDショップに陳列された。
2006年11月:サードアルバム「エグザクトマン」発売。




オフィシャルサイト
http://autourdesanseverino.free.fr/


Aujourd'hui un article sur le chanteur Stéphane
SANSEVERINO.

Stéphane SANSEVERINO est né à Paris le 09 OCTOBRE 1961
Dès son plus jeune age, il voyage en famille aux quatre coins du monde; à cette occasion, il découvrira de nombreux styles musicaux "; La musique tzigane le marquera tout spécialement par l'énergie qu'elle dégage; Mais en fait, l'expérience des voyages l'a amené à se nourrir de tous ces styles.Depuis les
années 1980 il a joué dans beaucoup de groupe et a joué dans des films et au théatre et c'est en 2001 qu'il sort son premier album « le tango des gens ».
Il reçoit à cette occasion de nombreuses récompenses En 2005, on trouve dans les bacs des disquaires un enregistrement public, "Live au Théâtre Sébastopol".
Novembre 2006 : Sortie du troisième Album
"Exactement".

投稿者 : Laurent [ コメントを送る ] [ profil ] / 翻訳:こけし
posted by Tamama at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Musique / 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

NIKI DE SAINT-PHALLE

niki.jpg

ニキ ドゥ サン=ファル(フランスの女性アーティスト)

1930年10月29日生まれ
2002年5月21日死去
職業:画家、彫刻家、造形芸術家、映画監督

スタイル;「レ ティール」(パフォーマンス(訳注:絵の具を埋め込んだレリーフを銃で撃つパフォーマンス))「ナナ」とても色彩豊かな女性の造形物に与えられた名前(訳注;女性をテーマにしたシリーズ作品群)

ムーブメント;新現実主義
有名な作品:「トラビンスキーの泉」「Hon/彼女」「タロの庭園」
*作品名を検索/名称の確定を要す*

備考:ニキは1952年に画家として出発する以前はまずモデル、次いで喜劇俳優となった。

初期の作品群は「レ ティール」
「ナナ(訳注:ナナシリーズ作品群)」で彼女は高く評価され知られるようになった。

NIKI DE SAINT-PHALLE (artiste française)
Date de naissance : 29 octobre 1930
Date de décès : 21 mai 2002
Profession(s) : peintre, sculpteur, plasticienne et réalisatrice de films

Style : « les tirs » (performances), « les nanas » (nom donné à des sculptures de femmes très colorés)
Mouvement : Nouveaux Réalistes
Oeuvres célèbres : « La Fontaine Stravinsky », « Hon/Elle », « Le jardin des Tarots »

Petit Plus : Niki a d’abords été mannequin, puis comédienne avant de commencer à peindre en 1952.

Ces premières créations sont « les tirs ». Elle est très connue notamment pour ces « Nanas »

投稿者 : Elise [ コメントを送る ] [ profil ] / 翻訳:M.T.
posted by Tamama at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Divers / その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

le langage urbain

パリやパリ郊外で話されている垢抜けた話し言葉を知っているかな。
特に若者が楽しむために日常的な言葉を変えるのが好きなんだ。
人気な言葉遊びは逆さ言葉で音節を逆さにして話す。("Verlan" そもそもは"l'envers"の逆さ言葉)

例えば"manger"は "géman" "pétard" は "tarpé" などなど
- Un polivcier → "keuf" なぜなら flic (policier) = fli + que 逆さ言葉 = que + fli -liが消える = keuf : un keuf
- un homme → "keum" なぜなら mec (homme) = mé + que 逆さ言葉 =que + mé -éが消える = keum : un keum
- Une femme → "meuf"なぜなら femme = fa + me 逆さ言葉 = me + fa -aが消える = meuf : une meuf
- nu → "oilpé" ou "oilpe" (私はこっちを使う)なぜなら poil(nu) = p + oil 逆さ言葉 = oil + p = oilpé ou oilpe : à oilpé, oilpe

例文:hé ziva il a pécho un skeul à la keufna et c'est fait légo par les keuf
普通のフランス語に訳すと:vazi ou aller il a chopé ou volé un disque à la fnac et c'est fait prendre par les policiers.
となるよ。

Je ne sais pas si vous connaissez le langage urbain de la France en tous cas celle de Paris et ses balieux.
Les jeunes en particulier aimes modifier les mots ordinaires pour s'amuser.
Un jeu de mots populaire est le Le verlan, qui consiste à dire les syllabes des mots a l'envers. ("verlan et d'ailleurs le verlan de "l'envers" ^^)
Par exemple; "manger" devient "géman" ou "pétard" devient "tarpé" etc.
Un policier ---------> "keuf" parce que flic (policier) = fli + que verlan = que + fli -li tombe = keuf : un keuf
Un homme --------->"keum" parce que mec (homme) = mé + que en verlan = que + mé -é tombe = keum: un keum
Une femme ------->"meuf" parce que femme = fa + me en verlan = me + fa -a tombe = meuf: une meuf
nu --------------------> "oilpé" ou "oilpe" ( moi je le di comme ça ) parce que poil ( nu ) = p + oil en verlan = oil+p = oilpé ou oilpe : à oilpé ou oilpe

Exemple de phrase: hé ziva il a pécho un skeul à la keufna et c'est fait légo par les keuf
traduction : vazi ou aller il a chopé ou volé un disque à la fnac et c'est fait prendre par les policiers

投稿者 : Sofia[ コメントを送る ] / 翻訳者:macarons
posted by Tamama at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Société et Vie / 社会と生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

Le Bouledogue Français

bouledogue-francais-big-boss.jpg

フレンチブルドッグ

短い毛でとがった耳をしている小さな番犬。
フレンチブルドッグは最初は狩りや闘犬に使われたんだ(VSイノシシ、ライオン、熊、雄牛)。彼らは実際は雄々しく勇ましい動物なのさ。将来、都市でネズミ退治に使われるかもね。

彼らは20世紀初めを通じて飼い犬になり、第二次世界大戦後には流行になった。
「ブリ」とか「ドンドン(太っちょ)」なんてあだ名がついてるんだ。
とても面白くて遊びがあるよね。

Le Bouledogue Français

Petit Molosse à poils ras et aux oreilles droites. Il servait d’abord à la chasse et au combat (contre des sangliers, des lions, des ours ou des taureaux) ce qui en fait un animale brave et courageux. Plus tard, on les utilisa pour chasser les rats dans les villes.
Il est devenue un chien de compagnie durant la 1ere partie du 20eme siècle, et après la seconde guerre mondial est revenu à la mode. On les surnomme « Boulis » ou « Dondon », ils sont très drôles et très joueurs.

http://bulldog.spirit.free.fr/

投稿者 : Samuel SILVER[ コメントを送る ] [ profil ] / 翻訳者:こけし
posted by Tamama at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | Société et Vie / 社会と生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Critique d'un comportement occidental

西洋の(文明に対する)姿勢への考え

西洋人(欧米人)は自分達の文明がすばらしく、模範であると思い続けている。一番良い例はきっとアメリカ合衆国だろう。でもヨーロッパにいる僕たちがいいふるまいをしているとはあまり言えないよね。

僕は長いことアジアと南アメリカに夢中なんだ、だけど僕は彼らの(文明に対する)姿勢は嫌いだって言いたい。
何でかって言うと、僕は日本やその他のアジアの国々に西洋文化に飲み込まれるままにならないで、君たち固有の文化、その固有の世界と生活の視点を発展させて欲しいって願っているからなんだ。
だってより優れた文明なんてないし、全部異なって面白いじゃないか。

Critique d'un comportement occidental:

Les occidentaux ne cessent de se prendre pour le model de civilisation par excellence, le meilleur exemple est les surement les Etats-Unis cependant, en Europe nous ne faisons guère mieux.
Je suis passsionné depuis longtemps par l'Asie, et l'Amérique du Sud, et je dois dire que j'ai horreur de ce comportement. C'est pourquoi je souhaite au Japon et autres pays d'Asie de ne pas se laisser avaler par la civilisation occidentale, développez votre propre culture, votre propre vision du monde
et de la vie, car il n'y en a pas de meilleurs elles sont toutes différentes et intéressantes.

投稿者 : Drian[ コメントを送る ] [ profil ] / 翻訳者:こけし

posted by Tamama at 15:29| Comment(1) | TrackBack(0) | Société et Vie / 社会と生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

L'omelette

Omelette_aux_cepes.jpg

オムレツ

皆さんこんにちは!
今から南フランスのとある県にある風習を説明するね。
何処でも、というわけではないけれど、私の友達の中にも知らない人もいるから、
でも私はいつも大好きですよ、オムレツ。

パック(復活祭:イースターのこと)の月曜日にはかならず(パックの後の最初の月曜日、この日はこちらではお祭り)私たちは友達と連れ立ってピクニックに行きます。
屋外で、普通は大きなオムレツをひとつ作ります。でも、他の食べ物も実はオーケーなんですけどね。例えばバーベキューとかも。

みんなで飲んだり食べたりします。
音楽があったり、ボール蹴ってって遊んだり、そんな風に、午後中太陽の下で楽しみます。
森に自生しているアスパラガスをオムレツにいれる人もいます。

この風習が大切なことはわかっていただけましたね。
騒音や汚染のない田舎や小さな町に住むのはよいです。
一番最近私がオムレツを作ったときには、煙がぶどう畑にたなびきました。
いいかんじですよね:-)

最後になるけど、オムレツで一番重要でないのは、オムレツそれ自体!

L'omelette
Bonjour à tous,
je vais vous expliquer une coutume qui existe dans certains départements du sud de la france.
Elle n'existe pas partout; certains de mes amis ne la conaissent pas, mais moi je l'ai toujours célébrée : l'omelette !
Tous les lundis de Paques (le premier lundi après paques. C'est un jour férié ici) nous nous réunissons entre amis pour faire un pique-nique en plein air. En général, nous cuisinons une grosse omelette, mais en fait, toute autre nourriture est acceptée. Par exemple faire un barbecue.
On prend à boire et à manger, de la musique, des jeux comme des ballons de foot ou autre et on passe toute l'aprés midi au soleil à s'amuser.
Certaines personnes aiment faire l'omelette avec une asperge sauvage qui pousse dans les bois. Elle est amère alors tout le monde ne l'aime pas.
Vous avez compris que pour célébrer cette coutume, c'est mieux d'habiter à la campagne ou dans un petit village loin du bruit et de la pollution.
La dernière omelette que j'ai faite s'est déroulée dans une vigne ! C'était sympa :-)

En fin de compte, ce qui est le moins important dans l'omelette..c'est l'omelette elle même !

投稿者 : Houbahop[ コメントを送る ] [ site ] / 翻訳者:H.T.
タグ:L'omelette
posted by Tamama at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Cuisine / 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。